Skip to content

Matplotlibプロットをファイルに保存する方法

データ可視化の世界に飛び込んだことがありますか?あなたがそうであれば、Pythonの高度に柔軟なプロットライブラリであるMatplotlibをご存じでしょう。複雑なデータを視覚的に直感的な形式で表現する必要がある科学者、エンジニア、データアナリストにとって必須のツールです。Matplotlibをまだ試したことがない場合や、復習をしている場合は、このガイドが役立ちます!

Python Pandas Dataframeからコードなしでデータ可視化を迅速に作成したいですか?

PyGWalkerは、可視化とともに探索的データ分析のためのPythonライブラリです。 PyGWalker (opens in a new tab)は、あなたのpandas dataframe(およびpolars dataframe)をTableauスタイルのユーザーインターフェースに変換して、データ分析とデータ可視化のワークフローを簡素化できます。

PyGWalker for Data visualization (opens in a new tab)

Matplotlibとは?

Matplotlib (opens in a new tab)は、Pythonでさまざまな種類のチャートや図を生成することをサポートする2Dプロットライブラリです。多数のメソッドとスタイルをサポートしており、ラインプロット、ヒストグラムプロット、さらに高度な技法などのデータ可視化に適しています。

Matplotlibのインストール方法

Matplotlibのインストールは、Python環境で単一のコマンドを実行するだけで簡単です。Pythonパッケージインストーラーであるpipを使用できます。ターミナルを開き、 pip install matplotlibと入力するだけで、データのチャート作成を開始できます。

データ可視化にMatplotlibを使用する理由

Matplotlibは使いやすく柔軟に設計されています。わずか数行のコードで基本的なチャートを生成できますが、ラベル、色の変更、スケールの調整など、チャートのほとんどすべての要素をカスタマイズすることもできます。

Matplotlibの大きな利点の1つは、多くのオペレーティングシステムとグラフィックバックエンドとの互換性です。[PNG、PDF、SVGなどの様々な出力形式でプロットを生成できるため、インタラクティブなスクリプトや出版用の図に適しています。

Matplotlibでプロットの作成方法

PythonでMatplotlibを使用してプロットを作成することは非常に簡単です。通常は pltとしてインポートすることから始め、関数を使用してチャートを作成して表示していきます。

例えば、ラインプロット - 基本的で強力なチャートタイプ - の作成方法を見てみましょう。まずデータを定義し、 plot()関数を使用してチャートを作成します。グリッド線、タイトル、軸ラベルのような追加の機能でプロットを強化することができます。その後、 show()関数を使用してチャートを表示します。

もう1つの一般的なプロットタイプであるヒストグラムも同様に .hist()関数を使用して簡単にプロットできます。

しかし、さらに進めたい場合はどうでしょうか? Matplotlibは、少しのコードで美しいファネルチャートまたは印象的なバイオリンプロットを作成することができます。

Matplotlibでチャートをカスタマイズする

Matplotlibは、チャートの外観に細かい調整をすることができます。ラベルの追加、色の変更、スケールの調整などをすることができます。Matplotlibを使用してこれを行う1つの方法は、 .savefig()メソッドを使用することです。

Matplotlibの.savefig()メソッドを使用すると、現在の図をファイルに保存できます。ファイル形式、DPI、フェイスカラー、エッジカラー、および図が透明かどうかを指定できます。これにより、Matplotlib出力に対する優れたコントロールが得られます。

たとえば、チャートの周りの余白(バウンディングボックス)を調整したり、背景を透明にしたりすることができます。これらは、Matplotlibで利用できる多数のカスタマイズオプションの一部です。

Matplotlibの異なるチャートのタイプ

Matplotlibは基本的なラインプロットやヒストグラムに限定されません。トレンドを示したり、カテゴリを比較したり、データ内のパターンを明らかにするためのさまざまなチャートを提供しています。

  • ファネルチャート:これは、潜在的な顧客がプロセスの異なる段階を通過する様子を示すために、セールスやマーケティングでよく使用されます。

  • バイオリンプロット:これは、ボックスプロットとカーネル密度プロットを単一のチャートに結合したものであり、データの分布を理解するのに役立ちます。

  • ヒートマップ: 多くのデータがある場合に、2つの変数間の関係を示すのに最適です。

  • 積み上げ棒グラフ: 積み上げ棒グラフは、全体と部分を比較するために使用されるグラフです。積み上げ棒グラフの棒はカテゴリに分けられています。各棒は合計を表しています。

それぞれの種類のグラフは、異なる目的に向かっていることを覚えておくことが重要です。したがって、どのような情報を伝えたいかに基づいて賢く選択してください。

まとめ

Matplotlibをマスターすることとその多様な機能は、探索的データ分析を行う場合や最終報告を準備する場合など、あなたのデータ可視化のスキルを向上させることができます。基本的なグラフから高度な技術まで、Matplotlibは無限の可能性を提供しています。また、.savefig()メソッドを使用してチャートをエクスポートする際には、様々なファイルフォーマットから選択できます。

さらにデータ可視化のスキルを磨きたいですか? Airtableのデータを可視化する方法や、Tableauのオープンソース代替手段について学びましょう。また、データサイエンス愛好家の方は、ChatGPT Code Interpreter for Data Scienceや、ChatGPT Browsingを探索することをお勧めします。可視化するために待ち受けているデータの世界があります!