Skip to content

網羅的なガイド:Pandas Rankの効果的な使い方

Pythonのデータ操作・分析ライブラリであるPandasは、多くのデータ分析シナリオで重要な役割を果たす「rank()」という汎用的なツールを提供しています。このガイドでは、Pandas Rankの使い方を詳しく解説し、データ処理スキルをより高度なレベルにまで引き上げることができます。

Pythonでデータ可視化を素早く作成したいですか?

PyGWalkerは、Jupyter Notebook環境で直接データ分析および可視化のワークフローを高速化するオープンソースのPythonプロジェクトです。

PyGWalker (opens in a new tab)は、Pandas DataFrame(またはPolars DataFrame)をビジュアルUIに変換し、簡単にグラフを作成できます。以下のコードを使用するだけです:

pip install pygwalker
import pygwalker as pyg
gwalker = pyg.walk(df)

今すぐオンラインノートブックでPyGWalkerを実行できます。

そして、GitHubで⭐️をつけることを忘れないでください!

Run PyGWalker in Kaggle Notebook (opens in a new tab)Run PyGWalker in Google Colab (opens in a new tab)Give PyGWalker a ⭐️ on GitHub (opens in a new tab)
Run PyGWalker in Kaggle Notebook (opens in a new tab)Run PyGWalker in Google Colab (opens in a new tab)Run PyGWalker in Google Colab (opens in a new tab)

Pandas Rankの概念の理解

Pandas Rankは、データセット内のデータポイントのランクを計算します。この関数は、データのソート、フィルタリング、または特定の位置の特定を特定するために非常に有益です。基本的に、2つの方法があります。

  1. データを全体のデータフレーム内でランク付けすること。
  2. group by関数を使用して特定のサブグループ内のデータをランク付けすること。

rank()関数のユーティリティをより深く理解するために、その主要な構成要素であるランクオーダーとメソッドについて詳しく説明します。

ランクオーダー

ランクオーダーは、rank()関数内のascendingパラメータで決定されます。ascending=Trueの場合、ランクは最小値から上昇するように開始されます。つまり、値が小さいほど低いランクが割り当てられ、その逆もしかりです。ただし、最大値のランクを1にする場合は、ascending=Falseを設定する必要があります。

メソッド

rank()関数内のmethodパラメータは、同じ値を持つデータポイントの処理方法を決定します。いくつかの方法があります:

  • average:グループの平均ランクを取得し、すべてのアイテムに適用します。
  • min:グループの最低ランクをすべてのアイテムに適用します。
  • max:グループの最高ランクをすべての項目に割り当てます。
  • first:DataFrameまたはSeriesに表示されるデータポイントの順序に従ってランクを割り当てます。
  • denseminに似ていますが、ランクはグループ間で+1だけ増加します。

例を使って説明しましょう:

import pandas as pd
 
# Sample DataFrame
df = pd.DataFrame({'A': [1, 2, 2, 3, 4],
                   'B': [5, 6, 7, 8, 8],
                   'C': [9, 10, 10, 11, 12]})
 
# Applying rank
df['A_rank'] = df['A'].rank(method='min')
df['B_rank'] = df['B'].rank(method='max')
df['C_rank'] = df['C'].rank(method='dense')
 
print(df)

Rankパラメータを制する

ランク関数のパラメータを理解することは、データを正確に扱うために重要です。以下はいくつかの重要なパラメータです。

  • axis:デフォルトは0で、行ごとのランキングです。列ごとのランキングを行うには、axis=1に設定します。
  • numeric_only:デフォルトはTrueで、数値列のみをランク付けします。Falseに設定すると、文字列もランク付けされます。
  • pct:デフォルトはFalseです。Trueに設定すると、ランクを0から1に正規化します。

グループ化されたランクの活用

groupby()関数と組み合わせて.rank()を集計関数として使用することもできます。これにより、DataFrameの各サブグループに特有のランクを計算できます。

ここでは単純な例を示します。

import pandas as pd
 
# Sample DataFrame
df = pd.DataFrame({'Group': ['A', 'B', 'A', 'B', 'A', 'B'], 'Value': [20, 25, 15, 18, 22, 24]})
 
# Applying groupby and rank
df['Value_rank'] = df.groupby('Group')['Value'].rank(ascending=False)
 
print(df)

このコードスニペットでは、まず'DataFrame'を'Group'でグループ化し、各グループ内の'Value'のランクを計算しています。

Pandas Rankのパワーを調整して、データ分析タスクを効率化しましょう。実践を重ねることで、これらの機能を効果的なデータ操作に活用できるようになります。これらのツールのマスターは一晩でできるものではありませんが、段階的なプロセスで行われます。