Skip to content

Pandas Shift メソッドのデータ分析への活用法

Pythonでデータを扱う際には、Pandasライブラリの役割を無視することはできません。データ分析と操作のため、そのライブラリは豊富で直感的な機能を提供しています。その中でも一つのツールとして、Pandas Shift メソッドがあります。

このメソッドはデータ探索や時系列分析において重要な役割を果たします。では、このメソッドは具体的には何をするものであり、どのように効果的にデータ分析で活用することができるのでしょうか?この記事ではこれらの疑問にお答えすることを目指しています。

PythonのPandas Dataframeから、コードを書かずにデータ可視化を素早く作成したいですか?

PyGWalkerは、データ探索型データ解析のためのPythonライブラリです。PyGWalker (opens in a new tab)は、pandas dataframe(およびpolars dataframe)をTableauスタイルのユーザーインターフェースに変換してビジュアル探索を行うことで、Jupyter Notebookのデータ分析とデータ可視化のワークフローを簡素化することができます。

PyGWalkerによるデータ可視化 (opens in a new tab)

Pandas Shift メソッドの理解

Pandas Shift メソッドは、PythonのPandasライブラリ内の組み込み関数であり、主にDataFrame内の値をシフト(またはラグ)させるために使用されます。Shiftメソッドはデータのいずれかの軸に沿ってデータをシフトすることができます。このため、時系列データのハンドリング、データ探索的分析(EDA)、DataFrameの操作に非常に強力なツールとなります。

さらにPandas Shiftメソッドの文法を理解するために、次のような構文を見てみましょう:

DataFrame.shift(periods=1, freq=None, axis=0, fill_value=None)

ここで、periodsは選択した軸に沿ってシフト(ラグ)する回数を整数値で指定します。freqはオプションであり、日時のシフトに対して 'D'、'W'、'M' のような頻度文字列や DateOffset を指定するために使用します。また、axisパラメータはシフトが垂直方向(0または 'index')か水平方向(1または 'columns')かを定義します。最後に、fill_valueは省略可能なパラメータであり、シフトされたデータ内のNA/NaN値を補完するために使用されます。

実践でのPandas Shift メソッドの活用

基本的な文法を理解したので、いくつかの実践的な例を通じてPandas Shift メソッドの使い方を探ってみましょう。

特定の条件に基づいてPandas DataFrameをシフトする

Shift メソッドの最も一般的な利用法の一つは、特定の条件に基づいてDataFrameをシフトすることです。これは、データ探索やデータクリーニングの際に特に有用です。以下は基本的な例です:

import pandas as pd
 
# 簡単なDataFrameを作成する
df = pd.DataFrame({'A': [1, 2, 3, 4, 5], 'B': [10, 20, 30, 40, 50]})
 
# 'A'列を2つシフトさせる
df['A'] = df['A'].shift(2)
 
# シフト操作後のDataFrame
print(df)

上記のコードスニペットでは、最初に2つの列 'A' と 'B' を持つ簡単なDataFrameを作成しています。次に、shift()関数を使って'A'列を2つ下方向にシフトさせています。その結果、'A'列の最初の2つの値はNaNになり、残りの値は下方向にシフトされます。

時系列データに対するPandas Shiftメソッド

Shiftメソッドは時系列データを扱う際に非常に便利です。過去の値に基づいて将来の値を予測するモデルにおいて、過去のデータによる遅延された特徴量は重要となります。

import pandas as pd
 
# 時系列DataFrameを作成する
dates = pd.date_range(start='1/1/2023', periods=5)
ts_df = pd.DataFrame({'Value': [10, 20, 30, 40, 50]}, index=dates)
 
# 'Value'列を1つ遅延させる
ts_df['Lagged_Value'] = ts_df['Value'].shift(1)
 
# シフト操作後の時系列DataFrame
print(ts_df)

この例では、日付のシリーズとしてインデックスが設定された時系列のDataFrameを作成します。また、'Value'列にはいくつかの任意の値が含まれています。そしてShiftメソッドを使用して、'Value'列を1つの期間だけシフトした'Lagged_Value'列を作成しています。

Pandas Shift メソッドは、現在の値と過去の値とを簡単に比較することができるため、時系列データの取り扱いには非常に貴重なツールです。このテクニックは、時系列分析や将来の予測において、過去の傾向やパターンが将来の予測値に影響を与えるため、基本的なものです。

探索的データ分析におけるPandas Shift メソッドの活用

探索的データ分析(EDA)は、データ分析プロセスにおける重要なステップであり、Pandas Shift メソッドはこのプロセスを支援することができます。これにより、隠れたパターンやトレンドを明らかにするような方法でDataFrameを操作することができます。

たとえば、Pandas Shiftメソッドを使用してDataFrameの連続するデータポイント間の差を計算することができます。これにより、時系列データにおける時間の経過に伴う変化やデータセット内での大きな変動を強調することができます。

以下はその例です:

import pandas as pd
 
# DataFrameを作成する
df = pd.DataFrame({'Value': range(10)})
 
# 連続したデータポイント間の差を計算する
df['Difference'] = df['Value'] - df['Value'].shift(1)
 
print(df)

この例では、Shift関数を使用して 'Value' 列の連続するデータポイント間の差を計算する方法を示しています。その結果、'Difference' 列には前の行からの変化が表示されます。

Pandasにおける Lag と Shift の違い

Pandasのコンテキストでは、'lag'と'shift'という用語は同じ意味で使用される場合がありますが、わずかな違いがあります。

'lag'は、データを収集または比較するために遡る固定期間のことを指します。たとえば、ストアの売り上げを現在の週と1週間前の売り上げと比較する場合、'lag'は1週間です。

一方、shift()関数は、この遅延操作を行うためのメソッドです。したがって、本質的には 'lag' は概念であり、'shift' は操作です。

ここで、Pandas Shift メソッドに関するよくある質問に答えていきます。

よくある質問

  1. Pandas Shift メソッドとは何ですか?

    Pandas Shift メソッドは、指定した軸に沿ってDataFrame内の値をシフトまたはラグさせるためのPythonのPandasライブラリ内の関数です。

  2. Pandas Shift メソッドを特定の列に適用することはできますか?

    はい、Pandas Shift メソッドは特定のDataFrame列に適用することができます。シフトさせたい特定の列上でメソッドを呼び出すだけです。

  3. Pandas Shift メソッドの fill_value パラメータの値は何であるべきですか?

    Pandas Shift メソッドの fill_value パラメータは、シフト操作によって発生した NaN 値を置き換えるために使用する任意の値です。fill_valueを指定しない場合、メソッドはデフォルトでNaNを使用します。