Skip to content

マスターPython文字列から整数への変換

Pythonは、さまざまなデータ型を処理するための組み込み関数や機能を提供する、多目的なプログラミング言語です。Pythonプログラミングにおける一般的なシナリオの1つは、文字列を整数や他のデータ型に変換することです。このエッセイでは、Pythonで文字列を整数に効果的に変換するための型キャスト、組み込み関数、エラー処理の技術を探求します。

Python Pandas Dataframeからコード不要でデータ可視化を迅速に作成したいですか?

PyGWalkerは、可視化を使った探索的データ分析用のPythonライブラリです。 PyGWalker (opens in a new tab)は、pandas dataframe(およびpolars dataframe)をTableauスタイルのユーザーインターフェースに変換して、視覚的な探索に役立ちます。

PyGWalker for Data visualization (opens in a new tab)

Pythonにおける型キャストとは何ですか?

型キャストとは、1つのデータ型を別のデータ型に変換するプロセスです。Pythonでは、文字列、整数、浮動小数点数などのデータ型は、組み込み関数を使用して変換できます。これにより、数値演算、ユーザー入力の処理、データ構造の操作などが容易に行えます。

Pythonで文字列を整数に変換する方法

Pythonでは、int()関数を使用して文字列を整数に変換します。この組み込み関数は、文字列を受け取り、その整数表現を返します。たとえば:

string_num = "42" int_num = int(string_num) print(int_num)  # 出力:42

ただし、文字列に数値以外の文字や先頭のゼロが含まれる場合、変換が成功するようにするために追加の技術を使用する必要があります。

Pythonですべてのデータ型を互いに変換できますか?

Pythonでは、すべてのデータ型を直接互いに変換することはできません。たとえば、リストを整数に、またはブールを浮動小数点数に直接変換することはできません。ただし、中間変換を使用して目的の結果を達成できます。Pythonには、str()float()bool()など、さまざまな組み込み関数があります。

Pythonでのデータ型変換のためのその他の組み込み関数

Pythonには、さまざまなデータ型間の変換を行うためのいくつかの組み込み関数があります。

  • float(): 数字または文字列を浮動小数点数に変換します。
  • bool(): 値をブール値に変換します。
  • str(): 値を文字列に変換します。

文字列から整数への変換のエラー処理技術

Pythonで文字列を整数に変換する際は、潜在的なエラーを上手に処理することが重要です。一つの方法は、例外をキャッチし、変換エラーの場合のカスタム動作を定義できるtry-exceptブロックを使用することです。例えば:

string_num = "42a"
 
try:
    int_num = int(string_num)
except ValueError:
    int_num = None
    print("無効な入力")
 
print(int_num)  # 出力: None

Pythonで先頭にゼロがある文字列を整数に変換する方法

先頭にゼロがある文字列を整数に変換するには、単純にint()関数を使用できます。

string_num = "0042"
int_num = int(string_num)
print(int_num)  # 出力: 42

int()関数は先頭のゼロを自動的に削除し、文字列を整数表現に変換します。ただし、出力で先頭のゼロを保持する必要がある場合は、str.zfill()メソッドを使用して指定された文字数で整数を文字列に再変換することができます。

string_num = "0042"
int_num = int(string_num)
output_string = str(int_num).zfill(4)
print(output_string)  # 出力: "0042"

Pythonで文字列を整数に変換する方法

辞書を扱う際に、文字列の値を整数に変換する必要がある場合があります。辞書内包表記を使用すると、変換された値の新しい辞書を作成できます。

input_dict = {'a': '42', 'b': '12', 'c': '7'}
 
output_dict = {key: int(value) for key, value in input_dict.items()}
print(output_dict)  # 出力: {'a': 42, 'b': 12, 'c': 7}

変換プロセス中に潜在的なエラーを処理する必要がある場合は、辞書内包表記内でtry-exceptブロックを使用することができます。

input_dict = {'a': '42', 'b': '12', 'c': '7', 'd': 'invalid'}
 
output_dict = {key: (int(value) if value.isdigit() else None) for key, value in input_dict.items()}
print(output_dict)  # 出力: {'a': 42, 'b': 12, 'c': 7, 'd': None}

int()関数を使用せずにPythonで文字列を整数にキャストする方法

場合によっては、int()関数を使用せずに文字列を整数に変換したい場合があります。 ord()関数を使用することで、与えられた文字のUnicodeコードポイントを返し、ループを使用して文字列の整数値を計算することができます。

string_num = "42"
 
int_num = 0
for char in string_num:
    int_num = int_num * 10 + (ord(char) - ord('0'))
 
print(int_num)  # 出力: 42

この方法は、エラーやエッジケースを処理できないため、可能な限りint()関数を使用することが重要です。

結論

Pythonで文字列を整数に変換することは一般的なタスクであり、型変換、int()などの組み込み関数、そしてエラー処理技術を使用することによって実現できます。これらの方法を理解し、関連するトピックを探索することにより、Pythonプログラミングやデータ型の操作においてより熟練した開発者になることができます。

Pythonと型変換に関する知識をさらに拡大するには、他のガイド(Pythonバージョンの確認方法Pythonスクリプトの実行方法Pythonを学ぶのにかかる時間はどの程度かなど)をご覧ください。