Skip to content

Pandasで欠損データを発見して処理する:詳細ガイド

私たちがデータサイエンスの世界を航海する中で、欠かせない相棒として1つのPythonライブラリがあります:** Pandas **。高性能で使いやすいデータ構造とデータ分析ツールを提供し、データ分析において不可欠なツールです。このエンゲージングな旅において、DataFrameとSeries、Pandasの中核を深く探りながら、isnull()notnull()dropna()fillna()などのコンセプトを使用したPandasでの欠損データの扱いの微妙なニュアンスを探求します。それでは、DataFrameとSeriesの世界にダイブして始めましょう。

Python Pandasデータフレームからコードなしでデータ可視化を迅速に作成したいですか?

PyGWalkerは、可視化による探索的データ分析のためのPythonライブラリです。 PyGWalker (opens in a new tab)を使えば、pandasデータフレーム(およびpolarsデータフレーム)をTableauスタイルのユーザーインターフェースに変換して視覚的な探索を容易にすることで、Jupyter Notebookのデータ分析とデータ可視化のワークフローを簡素化できます。

PyGWalker for Data visualization (opens in a new tab)

欠損データの細かい点

Pandasでは、欠損データはしばしばNaN(Not a Number)として表されます。もう1つの表現として、null値も存在します。nullの興味深いパラドックスは、値の欠如を示す一方で、同時に存在すること自体が意味を持つことです。

欠損データの性質を理解することは、データ分析において重要なステップです。これは、データ収集の欠損を示すことが多く、これらの欠損を適切に処理することは、分析の整合性を維持するために必要不可欠です。では、どのようにしてDataFrameまたはSeriesの欠損値を見つけることができるでしょうか?

欠損値のチェック

Pandasは、欠損データをテストするための2つの主要な関数、isnull()notnull()を提供しています。これらの関数を使用すると、欠損値または非欠損値を検出できます。

SeriesまたはDataFrameの任意の値が欠損しているかどうかを確認するには、isnull()関数を使用します。これは、各セルに欠損値が含まれているかどうかを示すブール値のDataFrameを返します。 isnull()関数とany()関数を併用することで、すぐに欠損値が存在するかどうかを確認できます。

一方、notnull()関数は逆の方法で機能し、非欠損値についてTrueを返します。欠損データを処理する際に、これらの関数の両方が重要です。

欠損値のカウント

DataFrameまたはSeriesの欠損値を数えるには、isnull()関数をsum()関数と組み合わせて使用することができます。結果として得られる出力は、DataFrame内の各列の欠損値の数を提供します。

欠損データの処理:削除するか置き換えるか?

Pandasには、欠損データを処理するための2つの強力なメソッド、dropna()fillna()が備わっています。欠損値を削除する場合、dropna()関数を使用して、少なくとも1つの欠損値を含む行または列(指定に基づいて)を効果的に削除できます。

ただし、データを削除することは常に最善の方法とは限らず、貴重な情報を失う可能性があります。ここで、fillna()関数が役立ちます。この関数を使用すると、欠損値を指定した値または列の平均値、中央値、または最頻値で置き換えることができます。

Pandasでのアドホック分析

アドホック分析は、利用可能なデータを使用して必要に応じて実行される分析です。Pandasを使用すると、DataFrameまたはSeriesでアドホック分析を実行し、さまざまな角度からデータを探索できます。

PandasでのDataFrameとSeriesの作成

欠損データの処理方法を理解したら、PandasでDataFrameとSeriesを作成する方法について話しましょう。DataFrameは、異なるタイプの列を持つ可能性がある2次元のラベル付きデータ構造です。一方、Seriesは、任意のデータ型を保持できる1次元のラベル付き配列です。

DataFrameまたはSeriesを作成するには、それぞれPandasのDataFrame()およびSeries()関数を使用することができます。辞書、リスト、さらには他のSeriesまたはDataFrameオブジェクトなど、さまざまなデータ型を入力できます。

DataFrameの作成については、このガイドでより詳細に説明しています。シリーズの作成については、このリソースで説明しています。

Pandasでデータを可視化する

Pandasは、データの操作や分析だけでなく、可視化するための機能も提供します。棒グラフ、面グラフ、折れ線グラフなどを作成できます。この記事とこの[ガイド](/articles/s

結論

データ分析の世界では、欠落しているデータは異常ではなく、あるものです。Pandasの強みは、このようなデータを効率的に処理し、分析の信頼性を維持することができる点にあります。そのため、Pandasは世界中のデータサイエンティストに必須のツールとなっています。

DataFrameの作成、NaN値のチェック、またはアドホック分析を実行するかどうかに関わらず、Pandasはタスクを単純化し、データから合理的な判断を行うことができるようにしてくれます。ChatGPT BrowsingAirTableのようなリソースを活用することで、Pandasの奥深い世界をより魅力的に探求することができます。それでは、Pandasの力を活用し、データ探検のスリルに満ちた旅に出かけましょう!